banquet facebooktwitter
ヴァンケット動物病院

精密検査・定期検診について

動物たちは、体の様子を言葉にすることができません。 そのため、獣医療においては、適切に検査をしていくことが診断のために非常に重要です。また、イヌ・ネコの1年間は、ヒトでの約4年に相当するといわれています。若い個体でも1年に1回、高齢や健康状態に不安がある個体では半年に1回以上精密検査を受けることをおすすめします。ドッグドックやキャットドックを受けることで疾病の早期発見・早期治療につながります。以下に精密検査の例をお示しします。あくまで一例ですので、その動物の状態により内容が変わる場合があります。詳しくは担当獣医師までご相談ください。

1.イヌ・ネコの避妊・去勢手術の術前検査

イヌネコ 血液検査(CBC+血液化学)、X線検査、凝固系検査、超音波検査(腹部・心臓)、尿検査、ネコではFIV・FeLV検査(感染リスクがある個体)

2.ドッグドック

イヌ 血液検査(CBC+血液化学)、X線検査、超音波検査(腹部・心臓)、尿検査、便検査

3.キャットドック

ネコ 血液検査(CBC+血液化学)、X線検査、超音波検査(腹部・心臓)、尿検査、便検査、FIV・FeLV検査(感染リスクがある個体)、T4検査(8歳以上の個体)

4.エキゾドッグ(哺乳類)

エキゾドック(哺乳類) 血液検査(CBC+血液化学)、X線検査、超音波検査(腹部・心臓)、尿検査、便検査、ウサギ、げっ歯目では歯科検診。
小型哺乳類(約300g以下)では血液検査をしない場合もあります。すばやい動物には麻酔が必要になる場合があります。

5.エキゾドッグ(鳥類)

エキゾドック(鳥類) X線検査、便検査、そ嚢検査、中型以上の鳥類では血液検査
コザクラインコなどではクリプトスポリジウム検査(ショ糖浮遊法+抗酸菌染色)必要があればPBFD、BFD、クラミジアなどの遺伝子検査、性別検査も可能です。

6.エキゾドッグ(爬虫類)

エキゾドック(爬虫類) 血液検査(CBC+血液化学)、X線検査、超音波検査(腹部・心臓)、便検査、クリプトスポリジウム検査(ショ糖浮遊法+抗酸菌染色)