banquet facebooktwitter
ヴァンケット動物病院
イヌ
イヌキャリーケースにいれるか、首輪またはハーネスを装着し、リードをつけて来院してください。
ネコ
ネコ可能であれば爪を短く切り、洗濯ネットに入れたうえでキャリーケースに入れて来院してください。
鳥類
猛禽類アヒル鳥類は、セキセイインコなど小型種はプラケースに入れ、来院してください。中型・大型種や猛禽類は大型のプラケース・アクリルゲージ・キャリーケースなどに入れて来院してください。具合の悪い鳥類は、夏場以外は30℃程度に保温しながら来院するようにしてください。
ウサギ・フェレット・ その他の哺乳類
ウサギフェレットハムスター・リスキャリーケース・プラケースなどに入れて来院してください。夏場の来院時は、キャリーケースの中が暑くなりがちなので、保冷剤を使用することをおすすめします。
爬虫類
カメプラケース・キャリーケースなどに入れ、その種の最適温度に保温しながら来院してください。移動前数日間は、なるべく食事を与えないようにしてください。
両生類
カエルプラケースなどにいれ、その種の最適温度・湿度を保ちながら来院してください。特に水棲種や高温に弱い種は注意してください。
  • ※特定動物(危険動物)、大型種、有毒種、特定外来種についても対応いたしますが、来院前に必ずご相談ください。
  • ※特定動物(危険動物)および特定外来種は、法律により移動が制限されます。
以下の場合はすぐにお電話ください
03-5787-5947

緊急を要する症状

1 呼吸困難、舌が紫色:重度の心疾患、呼吸器疾患のおそれがあります。
2 激しい疼痛:整形外科疾患の可能性があります。
3 起立不能:神経疾患、整形外科疾患の可能性があります。
4 出血:患部を圧迫して止まらなければ処置が必要です。
5 尿が出ない:結石により尿道閉鎖になっている可能性があります。
6 痙攣:数分以上続くと非常に危険です。
7 意識不明:重度の全身性疾患、脳の異常が疑われます。
8 落下事故・交通事故:膀胱破裂、内臓損傷がおこっている可能性があります。
9 分娩:陣痛がはじまってから1時間以上生まれない場合。
10 異物・毒物を飲んだ場合。
11 骨折
12 その他明らかに全身状態が悪い場合
以上の場合は緊急性が高いと考えられますので、すぐにお電話ください。 できれば同時に来院する用意をしてください。