banquet facebooktwitter
ヴァンケット動物病院

院長 松原且季(まつばら かつき) 日本獣医がん学会 獣医腫瘍科認定医Ⅱ種

院長 松原且季

生まれも育ちも目黒区なので、池尻大橋は小さいころからよく知っている街です。麻布大学獣医学部獣医学科を卒業し、3年間はウシ、ブタ、ニワトリなどの検査を行っていました。その後、約5年間、イヌ、ネコ、エキゾチックアニマルの臨床経験を積み開業しました。趣味はホラー映画を見ることです。
腫瘍や心臓病、慢性腎臓病などの高齢期疾患の治療に力を入れています。

学会発表
日本獣医臨床医学フォーラムJBVP
  • 「亜鉛中毒の犬の1例」 2009年
  • 「スローロリスの血液検査基準値の検討」 2009年
鳥類臨床研究会
  • 「オキナインコ(Myiopsitta monachus)の腸管結石の1例」 2011年
エキゾチックペット研究会
  • 「スローロリスの血液検査基準値の検討」 2009年
  • 「ヨツユビハリネズミにみられたリンパ腫の1例」 2010年
  • 「コモンリスザル(Saimiri sciureus)の絨毛癌の1例」 2011年
  • 「トカゲ亜目におけるクリプトスポリジウム検出法の検討」 2011年
  • 「組織球肉腫または単球性白血病と診断されたフトアゴヒゲトカゲ(Pogona vitticeps)の1例」 2012年
  • 「Melanophoromaおよび胆嚢結石がみられたフトアゴヒゲトカゲ(Pogona vitticeps)の1例」 2013年
  • 「ヨツユビハリネズミ(Atelerix albiventris)の肥満細胞腫にメシル酸イマチニブを用いた1例」 2014年
  • 「ジャングルカーペットパイソン(Morelia spilota cheynei)の腺癌に胃摘出と化学療法を行った1例」 2015年
  • 「リチャードソンジリス(Urocitellus richardsonii)の紡錘形細胞肉腫に集学的治療を行った1例」 2016年
  • 「カルボプラチンが有効であったニワトリ(Gallus gallus domesticus)の卵巣腺癌の1例」 2017年
 
  • ポスター発表
  • 「オオムカデ科(Scolopendridae)の全身麻酔と雌雄判別法」 2014年
  • Providencia rettgeriによる敗血症がみられたフトアゴヒゲトカゲ(Pogona vitticeps)の1例」 2016年
  • 「耳道および足底部に扁平上皮癌が発生したシマリス(Tamias sibiricus)の1例」 2017年
 
  • 共同研究
  • 「口腔内扁平上皮癌に対してカルボプラチンの局所療法を行ったケヅメリクガメの1例」 2013年
  • 「ウサギの腎細胞癌の1例」 2014年
  • 「ヒョウモントカゲモドキのリンパ腫に対して化学療法を行った1例」 2015年
  • 「精巣に悪性黒色腫を認めたウサギの1症例」 2016年
  • 「インスリノーマに罹患しているフェレットが熱中症を起こした1例」 2017年
爬虫類・両生類の臨床と病理のための研究会(SCAPARA)
  • 「卵管蓄卵材症のカリフォルニアキングスネーク(Lampropeltis getula californiae)の1例」 2013年
  • 「皮膚生検を行ったボールパイソン(Python regius)の2例」 2016年
論文
共同研究
  • 「Molecular evidence of Sarcocystis species in captive snakes in Japan.」 Abe N, Matsubara K, Tamukai K, Miwa Y, Takami K. Parasitol Res. 2015 Aug;114(8):3175-9.
  • 「Molecular identification of Cryptosporidium isolates from exotic pet animals in Japan.」 Abe N, Matsubara K. Vet Parasitol. 2015 Apr 30;209(3-4):254-7.
執筆
エキゾチック診療
  • 「卵管蓄卵材症のカリフォルニアキングスネーク(Lampropeltis getula californiae)の1例」 エキゾチック診療 16号 Vol.5 No.3
  • 「トカゲの3大疾患 その1:ヒョウモントカゲモドキのクリプトスポリジウム症」 エキゾチック診療 30号 Vol.9 No.1
講演・セミナー
 
  • 「エキゾチックアニマルの寄生虫」 2013年8月25日 BLACK OUT! さいたまスーパーアリーナ
  • 「エキゾチックアニマルの腫瘍」 2013年11月17日 BLACK OUT! 東京
  • 「爬虫類におけるクリプトスポリジウム検出法」 2014年3月9日 BLACK OUT! 東京
  • 「エキゾチックアニマルの肝臓疾患」 2014年6月1日 BLACK OUT! 東京
  • 「エキゾチックアニマルの泌尿器疾患」 2014年6月29日 BLACK OUT! 横浜
  • 「エキゾチックアニマルの消化器疾患」 「ボールパイソンの呼吸器感染症」2014年8月24日 BLACK OUT! さいたまスーパーアリーナ
  • 「エキゾチックアニマルの呼吸器疾患」 2014年11月30日 BLACK OUT! 東京
  • 「エキゾチックアニマルの生殖器疾患」 2015年3月15日 BLACK OUT! 東京
  • 「エキゾチックアニマル症例集2015年6月14日ver.」 2015年6月14日 BLACK OUT! 東京
  • 「エキゾチックアニマル症例集2015年6月28日ver.」 2015年6月28日 BLACK OUT! 横浜
  • 「エキゾチックアニマル症例集2015年8月23日ver.」 2015年8月23日 BLACK OUT! さいたまスーパーアリーナ
  • 「エキゾチックアニマル症例集2015年10月4日ver.」 2015年10月4日 BLACK OUT! 東京
  • 「モルモット、フェレット、サバンナモニターの腫瘍症例」 2016年3月13日 BLACK OUT! 東京
  • 「血尿から疑われる疾患」 2016年6月5日 BLACK OUT! 東京
  • 「爬虫類の卵塞」 2016年8月28日 BLACK OUT! さいたまスーパーアリーナ
  • 「サル、コウモリ、トカゲの外科手術」 2016年11月13日 BLACK OUT! 東京
  • 「爬虫類の外科疾患」 2017年3月26日 BLACK OUT! 東京
  • 「エキゾチックアニマルの診療」 2017年5月20日 東京レプタイルズワールド
  • 「エキゾチックアニマルの外科」 2017年6月11日 BLACK OUT! 東京
  • 「ヘビと猛禽類の外科」 2017年8月27日 BLACK OUT! さいたまスーパーアリーナ
  • 「爬虫類の外科と硬性鏡」 2017年9月16日  BLACK OUT! 東京
  • 「爬虫類・両生類の抗がん治療」 2017年10月15日  BLACK OUT! 横浜
所属学会
  • 東京都獣医師会
  • 日本獣医がん学会
  • 獣医麻酔外科学会
  • 日本獣医循環器学会
  • 日本獣医腎泌尿器学会
  • 日本獣医皮膚科学会
  • エキゾチックペット研究会
  • 鳥類臨床研究会
  • 爬虫類・両生類の臨床と病理のための研究会(SCAPARA)
  • Association of Exotic Mammal Veterinarians(AEMV)
  • Association of Reptilian and Amphibian Veterinarians(ARAV)
  • Association of Sugar Glider Veterinarians(ASGV)

獣医師 須藤 菫 (すどう すみれ)

大学:日本獣医生命科学大学
趣味:散歩、読書、映画鑑賞
大学では内科学教室に所属し、心臓疾患について勉強していたため、心臓疾患の治療が得意です。また、夜間救急動物病院で勤務していた為、救急疾患の対応もできます。英語診察可能。

 エキゾチックペット研究会
  • 「精巣に悪性黒色腫を認めたウサギの1症例」 2016年
  • 「インスリノーマに罹患しているフェレットが熱中症を起こした1例」 2017年
  •  
  • ポスター発表
  • 「食道の大半を失ったボールパイソン(Python regius)に食道カテーテルを設置した1例」 2017年
日本循環器学会
  • 「肺高血圧症による心室中隔の非同期的運動を2D Speckle Tracking法により定量化した2例」